So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

河内国分寺塔跡遺跡の桜 [景勝]

塔跡遺跡の桜、一昨日はまだチラホラだったのが、
昨日は一気に咲いていました。
IMG_0907.JPG
塔跡遺跡からの毘沙門堂
IMG_0909.JPG
IMG_0914.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

日の谷山の紅葉 [景勝]

今、河内国分寺境内の日之谷山の紅葉が最高です。
IMG_0202.JPG
IMG_0205.JPG
IMG_0209.JPG
IMG_0211.JPG
IMG_0212.JPG
IMG_0208.JPG

夕映えのモミジ [景勝]

昨日、祥観さんが撮影した不思議な景観。
モミジの木々で既に落葉していますが、夕映えによって紅葉しているようです。
祥観撮影紅葉の夕映え.jpg

展望台より [景勝]

2時過ぎから昨日の続きで竹林の整備をしました。

IMG_4455.JPG

展望台より臨む松岳山古墳のある山。画面中央、住宅地左横のこんもりした山です。
IMG_4463.JPG

箸墓古墳の石を切り出したと言われる芝山です。
IMG_4462.JPG
紅葉もかなり散ったので毘沙門堂が見えます。
IMG_4461.JPG

日之谷山
IMG_4457.JPG

栗の大木と紅葉
IMG_4458.JPG

紅葉と竹林
IMG_4456.JPG







紅葉③ [景勝]

見れども見えず?
いつも車で登ってしまうので、
まさかですが、この素晴らしい紅葉を見逃していました。
IMG_4394.JPG
毘沙門堂と日の谷山の紅葉です。
IMG_4392.JPG
IMG_4395.JPG
河内国分寺塔跡遺跡から撮影しました。
IMG_4386.JPG
IMG_4387.JPG

中央は杜本神社への階段、左は毘沙門堂玄関です。
因みに杜本神社は、平安時代の延喜式に記載される式内神社です。
当時の社殿は勿論ありませんが、国分東条の住民等を始めその威神力を信仰する人々によって、
昭和47年に建てられた拝殿があります。
IMG_4397.JPG

本日、不動尊の月例供養法要の後、ルルの眠るお墓に行きました。
イノシシ対策の為に、簡易ですがフェンスを立てて結界しました。
IMG_4378.JPG
信徒さんの愛猫のお墓の前にも立てました。
IMG_4377.JPG


目に青葉 [景勝]

氷の谷山はすっかり「目に青葉、……」の時節になりました。
モミジの新緑が戻って来て、毘沙門堂から講堂の参道を彩っています。
IMG_2647.JPG

一方、只今は常緑樹の落葉の時期のようで、
すぐに参道に堆積してしまいます。

紅葉の合間から見る毘沙門堂 [景勝]

IMG_1492.JPG

12月20日(己酉・六白中宮)
氷の谷山を真っ赤に染めたモミジも、色を落とし褐色となってきました。
しかし尚且つ、一枚一枚が美しく清楚です。

IMG_1496.JPG

かなり落葉したので、紅葉の合間から毘沙門堂が見えるように成ってきました。

IMG_1504.JPG

IMG_1506.JPG


左官さんが資料館の外壁を兼ねて擁壁して、
参道との隙間にガレキや土を入れて下さいました。

後、舗装してもらうので参道が少し拡がる予定です。

IMG_1510.JPG



氷の谷山夕日 [景勝]

12月11日(庚子・六白中宮)

午後から氷の谷山に上りました。
尾根道に進出してくる竹を地際で伐採しながら上りました。

頂上について物置から草刈り機を取り出し、
持ってきた混合ガソリンを注入してエンジンを掛けようとしたら、
ブレーキの線が外れていました。付け方がわからないので、
そのまま使うことにしました。フル運転なのでガソリンがあっという間になくなり、
再度注入しましたが、エンジンがかからず、
あきらめて鎌で刈ることにしました。

IMG_1394.JPG

以前、平安時代頃の瓦が出てきた場所

IMG_1395.JPG

夕日が美しく撮影していたら、見る見る沈んでいく勢いです。

IMG_1400.JPG

早く下山しなければ陽が落ちてしまえば山中は真っ暗に、しかしもう一枚。

IMG_1401.JPG

大和川 [景勝]

12月9日(戊戌・八白中宮)

奈良県より大阪府に少し入った大和川です。
国道25号線沿いの歩道から撮影。

IMG_1366.JPG

上流に架かっている赤い橋が弁天橋で、
JR大和路線を利用して亀乃瀬弁才天 国分寺に参詣されるかたは、
河内堅上駅を降りて、この弁天橋を渡って来られます。

IMG_1358.JPG

河内国分寺へも、信徒さんは慣れた弁天橋を渡って来られますが、
少々遠回りになるので、少し下流の国分寺大橋が近いです。

IMG_1365.JPG



紅葉のご案内 ③ [景勝]

 河内国分寺氷の谷山の紅葉をご紹介します。
山中はまだほとんど緑ですが、山麓は少しづつ紅葉しています。

IMG_1060.JPG

IMG_1061.JPG

IMG_1064.JPG

IMG_1074.JPG

IMG_1092.JPG

IMG_1094.JPG

IMG_1095.JPG




紅葉のご案内 ①序幕 [景勝]

 国分寺での地蔵尊供養法要の後、
小降りの雨の中、当寺のすえ福地蔵尊に参詣に行く信徒さん達

IMG_0984.JPG

左横は河内国分寺七重の塔跡遺跡です。

IMG_0983.JPG

杜本神社さんの参詣道、ほとんどモミジですが紅葉はまだです。

IMG_0981.JPG

大黒天神様への参詣道で、枝先が紅葉し始めました。

IMG_0985.JPG




氷の谷山パノラマ [景勝]

 今日の天気予報は雨で瓦工事はお休みです。
午後3時過ぎから本格的に雨が降ってきました。
午前10時頃に氷の谷山に草刈りをしながら登りました。
標高およそ170mの景勝をご紹介します。

IMG_0487.JPG

西の大阪市街一望から、
有名な箸墓古墳の石を切り出したされる芝山までの、
パノラマをご案内します。


河内国分寺景観 [景勝]

ネムノキの彼方に大阪平野を望む

IMG_0532.JPG

草刈りを終えた高天原の不思議空間

IMG_0534.JPG

谷川の清流

IMG_0546.JPG

IMG_0548.JPG

IMG_0549.JPG

IMG_0550.JPG

お隣の杉・桧の木立を借景
IMG_0542.JPG

河内国分寺渓流 [景勝]

 河内国分寺の境内には峡谷があります。今年1月に、二つの峡谷の合流地点にヒューム管を2本繋いで土を被せて対岸に渡れるようにしました。普段はごくわずかな水量ですが、この度の雨のようにひとたび大雨が降れば、山に貯められた水が集まり、まるで怒濤の如く流れ落ちてきます。 もう少し整備してからこの川を披露したかったのですが、差し当たって合流地点より下流の現況をお知らせします。
IMG_0374.JPG

IMG_0373.JPG

IMG_0372.JPG

IMG_0375.JPG

IMG_0371.JPG

河内国分寺景勝③ [景勝]

 そろそろワラビが出ているかと東斜面コースで山をのぼってが、まだその様子はない。東斜面奥域のゼンマイもまだのよう、そのまましのぶ竹を刈り、枯れ木を整理しながら登った。高天原で昼ご飯のおにぎり2を食べ一息ついてさらに上へと登った。昨年、刈ったしのぶ竹を山積みにしたままで、少し心配だったが、なんとか大丈夫のよう、更に伸びた竹や蔓を刈り取った。昨年蔓で覆われていた山桜、今年は息を吹き返したかのように青青と若葉をつけている。もう少しで花を楽しめそうだ。

第4タンクのある地点、ビシャコが美しい。

DSCN3602.JPG

コナラの木立、ビシャコの緑。私のお気に入りの地②
DSCN3603.JPG

山桜の若葉

DSCN3604.JPG

更に上に登れば右下方に不思議な空間が開けている

DSCN3606.JPG

この辺は二上山火山帯に属している?。らしき断層

DSCN3608.JPG

大阪平野を望む

DSCN3610.JPG

奥の細道、右はミズナラの木

DSCN3612.JPG

去年に梅を植えたが2~3本イノシシに引き抜かれた

DSCN3615.JPG

どうやらイノシシの安息所だったようだ。

DSCN3616.JPG




名張別院裏山の整備 [景勝]

名張別院の参拝を終わった後は、先月やり残した裏山の枯れ木伐採等の続きをやるぞという意気込みでやってきましたが、お彼岸とはいえ冷え冷えとした風が吹きつけ、裏山はいかにも寒々としている。副住職が先月より寒いとすこし引き気味、しかしいざやり始めると体が温まってきて寒さが吹っ飛んだ。横に倒れかかったのコナラの木?何となくシイタケ栽培の原木に使えそう、使いやすい大きさに伐採をたのんだ。
 河内国分寺の山よりは傾斜が緩く側溝もある。住宅地として開発される前は山村だったのだろうか。少し手を入れ整備したら、以前より自然を生かした庭だったように見えてきた。

名張別院の聖観音様

DSCN3572.JPG

勝軍地蔵尊社、横は桜の果樹

DSCN3579.JPG

裏山の景観

DSCN3582.JPG

所々にヒイラギナンテンが群生し黄色い小花をつけている。

DSCN3581.JPG

裏山から切り出したシイタケ栽培予定の原木
DSCN3577.JPG

河内国分寺高天原に雪が降る [景勝]

下の写真地を河内国分寺の高天原(たかまはら)と命名しました。360度の景観がすばらしく神々が集うという高天原もかくやと思い名付けました。まだまだ枯れ木を伐採し、木に覆い被さった蔓を取り除かないとその全体像を公開できませんが、その作業の最中に雪がちらつき撮影しました。このあと雪は激しく降り木陰に待避、幻想的な風景に見とれシャッターチャンスを逃がしてしまいました。
 今朝、震災地の死者・行方不明者が12000人を超えると聞き心が痛みますが、昨日の雪が山火事を消火したと聞いて少し安堵しました。
DSCN3514.JPG

河内国分寺景勝② [景勝]

竹林/所々に獣道がある。6月になれば猪と破竹の争奪戦

IMG_0111.JPG

自然石か古墳か?畏敬の念に駆りたてられて経津主大神の奥津城として礼拝

IMG_0112.JPG

尾根道を登る

IMG_0115.JPG

更に尾根道を登る

IMG_0118.JPG

登り切れば別天地が広がる。我が心の高天原だ。

IMG_0119.JPG

すこしアングルが悪いが遠くツインタワーや関空(?)を望む。

IMG_0122.JPG

河内国分寺景勝① [景勝]

竹原井の行宮跡、古代の石切場芝山を臨む

DSCN3474.JPG

左端に大和川に架かる国分寺大橋

DSCN3477.JPG

コナラの木立群。

DSCN3473.JPG

ビシャコの緑が美しい

DSCN3470.JPG

イノシシの餌場、寝床、排泄全て揃っていた。共栄は無理があるが共存でいこう

DSCN3467.JPG

見事な檜林、眼下に大阪平野が広がる

DSCN3471.JPG


久しぶりに磐座に遭遇 [景勝]

22日竹林(整備中)から尾根に出る道なき道を進んだ。上方にいけばしのぶ竹が道をさえぎる。竹を刈りながら更に奥に進めば、久しぶり磐座に遭遇した。自然石か古墳かどちらとも取れる。早速周囲をきれい(?)にして記念撮影。この山は麓に延喜式に記載される名神大社の杜本神社が今はひっそりと鎮座している。一説によれば神社の祭神が埋葬されているという。確かに古墳か自然石どちらとも判明しない磐座が、この山で三カ所見つけている。
3354-1.jpg

ようやく尾根にたどりついた。先日草刈りしたのですこしは見られるのでここでも記念撮影。ここは360度すばらしい景色だ。昨年植えた梅がつぼみを膨らませている。
3331-1.jpg

3345-1.jpg

3352-1.jpg

午後から墓地の駐車場周辺の草刈りをした。枯れた草と蔓に覆われたフェンスのビフォーとアフターです。

3377-1.jpg

3382-1.jpg