So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

テントの移動 [不動堂]

これまで不動堂の前に仮設置していたテントを、
展望台に更に仮移設しました。
IMG_0620.JPG
同時に新たに購入した6帖のテントも張りました。
IMG_0623.JPG
テントで見えなかった新築したばかりの不動堂、
塗装もあらかた終わり初披露です。
IMG_0617.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

保護塗料 [不動堂]

漸く、不動堂格天井の保護塗料を塗りました。
IMG_0323.JPG
濃淡のムラもあり、二度塗りが必要ですが、
再挑戦する勇気、今はありません。塗れば塗るほど周囲を汚す有様です。

木彫り塾の橋本先生に彫って頂いた正面のカエルマタ、
塗装によって値打ちを下げてしまったような?
IMG_0325.JPG
斗栱と木鼻
IMG_0326.JPG
地垂木と飛えん垂木の白色は光っています。しかし自作のカエルマタは?
IMG_0329.JPG
IMG_0332.JPG
塗料、筆によって両手が塞がったまま、高い脚立に登り、
破風を塗装するのは、かなり恐ろしかったです。
IMG_0333.JPG
費用節減の為、塗装はこれからも私の役目
もっと上手にならなければ…


nice!(0)  コメント(0) 

正面カエルマタ [不動堂]

お願いしていた正面のカエルマタが、
木彫り塾の橋本先生から届きました。
IMG_0199.JPG
IMG_0202.JPG
肘木のお見事なしのぎです。
立派なカエルマタで不動堂が更に荘厳されます。
有難うございました。

nice!(0)  コメント(0) 

屋根漆喰工事 [不動堂]

関西瓦センターさんの屋根漆喰工事も終わり、屋根工事完了です。
IMG_0147.JPG
雀口の漆喰
IMG_0148.JPG
鬼瓦周辺の漆喰
IMG_0149.JPG
熨斗瓦と平瓦の間の面戸の漆喰
IMG_0150.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

格天井 [不動堂]

格天井の準備をする大工の山本さん
IMG_0127.JPG
桟木7本の溝を一度に刻まれています
IMG_0128.JPG
格天井の桟が組まれていきます。
IMG_0130.JPG
IMG_0132.JPG
天井板の取付は一苦労です。
IMG_0134.JPG
IMG_0137.JPG
最後の一枚
IMG_0140.JPG
一方、屋根の瓦葺きが完成しました。
IMG_0138.JPG
IMG_0143.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

瓦葺き [不動堂]

引き続き、関西瓦センターさんの瓦葺き工事です。
IMG_0096.JPG
IMG_0097.JPG
鬼瓦の設置
IMG_0108.JPG
IMG_0109.JPG
IMG_0112.JPG
IMG_0114.JPG
IMG_0117.JPG
連格子や腰板の追加資材の搬入を待つ間、
大工さんは格天井の加工です
IMG_0100.JPG
工事の傍らの花壇ではアゲハチョウがお食事です。
IMG_0101.JPG
もう一羽いました。
IMG_0105.JPG
よく見れば三羽いました。
nice!(0)  コメント(1) 

瓦葺き [不動堂]

瓦葺きが始まりました。
IMG_0083.JPG
左右後のカエルマタも取り付けてもらいました。
IMG_0086.JPG
軒下の様子です。
IMG_0089.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

連格子 [不動堂]

昨日は連格子の取付です。
IMG_0073.JPG
一方、屋根では関西瓦センターさんが桟の取付です。
IMG_0075.JPG
隅瓦の位置決め
IMG_0076.JPG
大工さんは腰板の縁を加工です。
IMG_0078.JPG
IMG_0079.JPG
IMG_0080.JPG
IMG_0081.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

野地板・ルーフィング [不動堂]

後方の破風の取付
IMG_0060.JPG
屋根に野地板が付きました。
IMG_0064.JPG
関西瓦センターさんによる防水の為のルフィング張り
IMG_0063.JPG
懸魚に六葉を取り付ける樽の口は、
大工さんが電気ドリルとカンナを使って旋盤のように、
円柱の棒を円錐に加工されました。
IMG_0066.JPG
IMG_0067.JPG
IMG_0068.JPG
IMG_0069.JPG

nice!(0)  コメント(2) 

破風 [不動堂]

破風の加工をされる大工の山本さん
IMG_0043.JPG
懸魚をつける為の刻み
IMG_0046.JPG
木彫り塾の橋本先生の図柄で、
祥観さんが糸ノコで製作した懸魚
IMG_0048.JPG
六葉を製作中
IMG_0058.JPG
今回、瓦葺きを依頼した関西瓦センターさんが立ち寄られ、
破風の取付を手伝って下さいました。
IMG_0049.JPG
懸魚を取付ける山本さん、六葉の取付は後日に
IMG_0055.JPG
登り裏甲の取付
IMG_0059.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

飛えん垂木(化粧垂木) [不動堂]

地垂木・木負の上に飛えん垂木が付けられました。
IMG_0025.JPG
IMG_0027.JPG
IMG_0029.JPG
照りを綺麗に出すためのあて木も
IMG_0032.JPG
鳥が羽を広げたような形になりました。IMG_0033.JPG
裏甲の取付
IMG_0037.JPG
IMG_0039.JPG
IMG_0040.JPG
破風の加工
IMG_0030.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

屋根/地垂木 [不動堂]

屋根の垂木、左右合わせて52本打たれました。
IMG_8443.JPG
IMG_8441.JPG
お堂の高さを少し低く、且つ軒を深くしたので、
軒先が低くなってしまいました。
軒先を少し上げる為に、
急遽、飛えん垂木(化粧垂木)をつけてもらうことにしました。
地垂木の上に木負が渡されました。垂木の鼻先を30㎝程カットすることに
IMG_8440.JPG
カットされた野地垂木
IMG_8445.JPG
IMG_8446.JPG
屋根の照りをなめらかにするために、工夫されたあて木を補充。
IMG_8449.JPG
IMG_8452.JPG
IMG_8453.JPG
52本分の飛えん垂木とあて木を付けるという面倒な手間を増やしてしまいましたが、
お堂の荘厳が更に一歩前進です。




nice!(0)  コメント(0) 

棟上げ [不動堂]

棟木の刻みをされる大工の山本さん
IMG_8409.JPG
IMG_8411.JPG
IMG_8412.JPG
桁側の刻みも終わりました。
IMG_8415.JPG
いよいよ棟上げです。
IMG_8417.JPG
IMG_8419.JPG
10、5㎝幅の桁の上を悠々と移動されます。
IMG_8423.JPG
無事に棟木が上がりました。
IMG_8425.JPG
次は垂木の取付です。
IMG_8431.JPG
IMG_8434.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

建前 [不動堂]

不動堂の建前が始まりました。
IMG_8370.JPG
IMG_8372.JPG
IMG_8374.JPG
IMG_8375.JPG
IMG_8378.JPG
IMG_8380.JPG
IMG_8385.JPG
IMG_8387.JPG
IMG_8396.JPG
IMG_8393.JPG
棟上げまで後一息です。
今日はお不動様の月例法要の日なので、建築はお休みです。
nice!(0)  コメント(0) 

建築資材追加搬入 [不動堂]

昨日、大工の山本さんが木鼻の蟻の刻みをして下さいました。
IMG_0012.JPG
午後3時、大阪府森林組合の「ウッドベースかわちながの」さんから、
垂木や広小舞、破風、小幅材等の屋根資材が搬入されました。
IMG_0015.JPG
IMG_0014.JPG
IMG_0018.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

土台 [不動堂]

今秋も境内に見事な栗が落ち始めました。
IMG_9892.JPG
大工の山本さんもお仕事が一段落して、来て下さいました。
不動堂建築の再開です。
先ずは割れてしまった大斗を新たに製作
IMG_9893.JPG
連格子の溝の刻みもアッと言う間に出来ていました。
IMG_9894.JPG
いよいよ土台設置です。
アンガーボルトの穴を抜いて
IMG_9896.JPG
土台が組まれました。
IMG_9898.JPG
IMG_0001.JPG
早速、防腐剤を塗りました。
IMG_0005.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

絵様肘木の刻み [不動堂]

ノコギリとノミ、玄能を使って絵様肘木の刻みをしました。
IMG_9863.JPG
上下に合わせて十字に組みます。
IMG_9866.JPG
IMG_9868.JPG
四組できました。
IMG_9867.JPG


nice!(0)  コメント(2) 

トリマーのギンナン面加工 [不動堂]

大斗の上に十字に付ける肘木です。
IMG_1543.JPG
IMG_1542.JPG
初めてトリマーを使ってギンナン面加工をしました。
IMG_1538.JPG
思いの外綺麗に出来ましたが、
今となっては、ホームセンターの安価な桧材を使ったのが悔やまれます。
危険な電動工具を使うのに、
節越えに緊張しっぱなしです。

蛙股の上方の肘木を彫りました。
参考の図案がなく、絵様肘木をアレンジしましたが、
もう一工夫必要?
IMG_1545.JPG
IMG_1547.JPG

不動堂の建築準備は、これで盆明けまで一端中断です。
帳簿整理や28日から始まる寺子屋教室の準備に、
制限時間一杯です。
nice!(0)  コメント(0) 

木鼻・大斗の仮設置 [不動堂]

15日、工房「夢見庵」で初仕事をしました。
IMG_1532.JPG
防犯のために窓を高く付けたのが失敗…
自然の爽やかな風も頭上を越えるばかりで、
暑さが凌げず、扇風機を持ち込みました。
ソーラーシステムは200w、LED電灯14w+扇風機45wまだ余裕があります。
時間が経つのも忘れる程に集中できて、
木鼻の片面を彫りました。
IMG_1530.JPG

不動堂の建築作業場では、柱上の複雑な刻みが4本とも終わっていました。
試しに木鼻2個と大斗を付けてもらいました。
IMG_1537.JPG
IMG_1533.JPG
IMG_1534.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

木鼻のホゾ穴刻み [不動堂]

大工の山本さんが木鼻のホゾ穴刻みの作業をしてられました。
IMG_1504.JPG
トリマーを使って先に浅く広いホゾ穴作り
IMG_1505.JPG
土台側のホゾは既に出来ています。
IMG_1507.JPG
木鼻2本、頭貫2本を納めるホゾ穴、
上部には大斗、肘木を載せるホゾが出来たようです。
IMG_1508.JPG
IMG_1509.JPG
見事です。不動堂の四方の柱に、この複雑な刻みをしていただきます。

大工歴45年を越える山本さんは、
新築はもとより、増築、改築、修繕等、
ささやかなお仕事も良心的に引き受けて下さいます。
お家に関しての事、どうぞお気軽にご相談して下さい。
山本さんのご連絡先 TEL090-5252-4578です。







nice!(0)  コメント(0)